『hyphen,』創刊号 -ふたたび、暮らしを考える-

¥ 2,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料370円が掛かります。

通報する

「ふたたび、暮らしを考える」

好奇心の赴くままに訪れた街の文化に触れ、観光でもなく移住でもない、そのあいだにある「繋がり」を記録した雑誌『hyphen,』。

これまで以上に暮らしの選択肢が増え、数多くの正解に溢れた世の中だからこそ、ぼくらはふたたび暮らしについて考えたいと思いました。

創刊号の舞台は青森県十和田市。僕らが初めて6人で訪れた場所です。観光情報誌ではないですが、いまのぼくらだからこそ感じた暮らしぶりを、紙上に詰めました。

手にとっていただき、文章や写真、イラストとともに、十和田の暮らしぶりをお楽しみいただければ幸いです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▼Contents

1. ぼくらの暮らしを振り返る 08
ハイフンのメンバーがこれまでどんな人生を歩んできたのか、それぞれの暮らしを振り返るインタビュー。

2. ハイフン的暮らしを探る 26
ハイフン初めての共同生活は、青森県十和田市で始まります。この章では、ハイフンの活動や共同生活を探ります。

3. 十和田の暮らしにとける 44
僕らは十和田の暮らしになにを感じたのか。「街・飯・人」の3つをテーマに、十和田の暮らしの一面を切り取ります。

■Special対談
drip × hyphen, 42
“みんながつくる” dripと、”みんなでつくる” hyphen,, ふたつのチームの違い

灯台もと暮らし × hyphen, 66
これからの生き方を考えるヒントは、ローカルにあるのかもしれない

■ミニコーナー
6人エッセイ 24 40 70
ぼくらの必需品 22 38 68
ぼくらが出会った十和田の顔 74

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

書籍名:『hyphen,』創刊号 -ふたたび、暮らしを考える-
発売日:2019年10月
Web販売価格:¥2,000(税込)+送料370円(全国一律)
サイズ:B5変判(237mm×182mm)
ページ:本文76ページ

編集:佐田真人
写真:土田凌
デザイン:吉岡芽映

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

また、東京の書店でもお買い求めいただけます。現在は下記の店舗で展開していただいているので、ぜひお近くにお住いの方は、店頭にも足を運んでいただけると幸いです。

・代官山 蔦屋書店(2号館1F)
・表参道 青山ブックセンター本店

▼発送期間につきまして
月曜日〜日曜日の正午までに決済を完了していただいた方は、
翌週の月曜日から順次発送させていただく流れとなります。
到着までしばらくお時間いただきますが、よろしくお願いいたします。